アドセンス アフィリエイト

無料ブログではグーグルアドセンスの審査が通らない?

2016/07/08

グーグルアドセンスの広告を使用するためにはブログをグーグルに審査してもらい、審査に通らないと使えないんですが、その審査用のブログが2016年の3月頃から無料のブログでは通らなくなったようです。

グーグルのページを見てみると、お申し込みを正常に送信するには、お客様が所有するドメインを URL として入力する必要がありますとはっきりと書かれています。

グーグルヘルプページ

 

何故審査に通らないのか?

グーグルのヘルプページに有効・無効のURLが載せられています。

 

有効なURL

  • example.com
  • www. example.com

有効なURLとなるのは上記2つのみ。

 

無効なURL

  • example.com/page.html
  • example.com/directory
  • example.com/?q=target
  • subdomain.example.com
  • subdomain.example.com/directory
  • subdomain.example.com/page.html
  • subdomain.example.com/?q=target

これらのURLは全て無効なURLになるようです。

無料ブログのURLは通常ディレクトリ型とサブドメイン型と言われるURLになっています。と言う事でほぼ全ての無料ブログサービスでの審査が通らないという事になります。

 

無料ブログでグーグルアドセンスの審査を通す方法

ではどうすれば無料ブログで審査に通るのかと言うと、独自ドメインを取得するしかありませんがそれでも独自ドメインにはしたくないという方は一度だけ独自ドメインを取得し、グーグルアドセンスの審査に通した後はドメインの更新をしなければいいかと思います。

独自ドメインは安い時で100円以下で取得できますのでそういうキャンペーンを狙って取得しましょう。

 

何故独自ドメイン必須になったのか?

これは単純にクオリティーの低いブログ等を排除しようという動きがあるのではないかと思います。元々無料ブログはグレーゾーンな所もありますし、無料ブログ等で作ったブログは全く更新しなくなっても無くなる事が無く、無駄に存在し続けるのが煩わしいと個人的にも思っていたので今回のこのグーグルの処置はある程度歓迎です。

海外では結構前から独自ドメインでしかグーグルアドセンスを取得できないようになっていたみたいですね。そして今後もグーグルアドセンスの仕様やルールが変わっていく可能性がありますので、まだまだ審査の緩い今のうちにグーグルアドセンスの広告を取得しておくことをお勧めします。

-アドセンス, アフィリエイト
-,